アピットDr

お客さまに笑顔になってほしい———その想いで開発しました

自分に合ったスキンケア商品になかなかめぐりあえない…
繰り返す皮膚トラブルが気になって、思うように過ごせない…
そんな悩みを持つ方にも毎日、安心して使ってもらえるスキンケア商品をめざしました。

お客様の悩みに寄り添い、
本当に求められている商品と情報をお届けしたい。
開発担当/蒔田 絵里(薬剤師)

どんな人に使ってほしい商品ですか。

「アピットDr」は、安全性にこだわった低刺激タイプのスキンケア商品です。皮膚がとても敏感で刺激を感じやすい、アトピー性皮膚炎の方や赤ちゃんにも、毎日、安心して使っていただきたいという想いから製薬会社基準の厳しい試験を徹底的に行いました。自分に合ったスキンケア商品がなかなか見つからない、繰り返す皮膚トラブルに悩んでいるという方にはぜひ、お使いいただきたいです。

皮膚トラブルは女性にとっては大きな悩みのひとつですよね。

そうですね。私自身、幼いときからアトピー性皮膚炎に悩み、そのつらさを実感してきました。以前は皮膚トラブルを何度も繰り返し、ときには水ですら皮膚にしみるくらいの状態で気分が落ち込むことも。弊社のお客様相談室にも、かつての私と同じような悩みを持つ方からの声が多く寄せられます。どのような商品を使って、どのようにスキンケアするかによって、皮膚の状態って大きく変わるんです。「アピットDr」を通じて、スキンケア商品を選ぶ時のポイントや正しいスキンケアの方法もお伝えしていきたいと思います。

シリーズ全品に天然セラミドを配合

こだわったポイントを教えてください。

こだわったのは全品に「天然セラミド(ビオセラミド)」を配合したことです。天然セラミドは、肌なじみが良く、保湿効果が高いのが特長で、弊社の研究では皮膚のバリア機能を整えることが確認されています。アトピー性皮膚炎などの敏感肌の方はセラミドをつくる力が弱くなっていることが多いので、スキンケアで皮膚のバリア機能を整えることが大切です。

洗い流してしまうフォーミングソープにも天然セラミドを入れたのはなぜですか。

「洗浄」が皮膚に負担をかけやすいスキンケアだからです。皮膚の汚れを落とすことはとても大切ですが、正しい「洗い方」をしないと、乾燥や肌あれなどの皮膚トラブルの原因になってしまいます。そこで、洗いあがりのうるおい感にもこだわりました。

使いごこちが良く、洗うときからケアできる

洗う時からケアしているんですね。

ポンプを押すだけで出てくるきめ細やかな泡により、皮膚への摩擦を抑え、やさしく洗えます。ジェルでうるおいを与え、気になるところにはクリームを重ねるといった天然セラミドケアが皮膚にとって重要だと考えています。

開発中にいちばん難しかった点はどこですか。

「高保湿」、「低刺激」、「使用感の良さ」の追求です。どんなに保湿力が高くても、刺激があったり、使用感が悪かったりすると、使いたいとは思っていただけません。スキンケアは毎日続けることが大切ですので、この3つを満たすことは非常に大変でした。
「アピットDr」には、化粧品として使用実績の多い原料を厳選して配合しています。さらに、試作品について、何度も、安全性試験を行い、慎重に開発を進めました。このように制限をかけている中で使用感を良くすることはとても大変でした。研究開発チームで何度も処方を組み直して、ようやく自信をもってお使いいただける商品にたどり着きました。

「使用感」はどのように判断しているのでしょうか。

専門の訓練を受けた研究開発チームメンバーが実際に自分の肌に塗って確認しています。のびや肌なじみの良さなどの使用感は、処方を組み直すたびに変わりますが、その微細な感覚は機械で測定することが難しいからです。「これなら大丈夫!」と全員の意見が一致した瞬間の喜びは、忘れられません。

正しいスキンケアの情報も伝えていきたい

開発中の苦労を支えていたのはどんな気持ちだったのか、教えてください。

「お客様に笑顔になってほしい」という想いに尽きます。開発中は、何度も処方を組んではやり直しの連続でしたが、弊社によせられたお客様からのメッセージを思い出し、「よし、頑張ろう!」と気持ちを切り替えていました。

どのような商品に育てていきたいですか。

時代や環境、ライフスタイルの変化によって私たちの肌悩みも変化しています。「アピットDr」は、常にお客様の肌悩みに寄り添える、使いやすい商品であり続けたいです。そして、皮膚トラブルを予防するためには、自分自身の肌に合うスキンケア商品はもちろんですが、正しくスキンケアをすることも大切です。皮膚トラブルを起きにくくするためのポイントをしっかりとお伝えし、お客様をサポートしていきたいと考えています。